Home|四万十ひのきの印鑑

 
四万十ひのきの印鑑

日本書記には「杉と楠の木は船に、ひのきは宮殿に使いなさい」と書かれています。「ひのき」は古くから宮殿建築用として、最適で最高の材となることが知られていました。「ひのき」と言う名の由来は「火の木」の意味で、古代に火おこしに使われたという説と一方では、尊く最高のものを表す「日」をとって「日の木」と言う説もあります。

そのように、「ひのき」は仏閣や神社を建てるための木材として古くから」重用されて来ました。「ひのき」は伐採してから200年間は強くなり続け、その後1000年かけて徐々に元の強度に戻って行くと言われています。実際に「ひのき」で建てられた法隆寺や薬師寺の塔は、1300年経った現在も威風堂々たる雄姿を見せてくれます。このことから、現在 法隆寺や薬師寺で使われている1300年前の「ひのき」は、現在も伐採時とほぼ同じ強度と言えます。

当地、「四万十ひのき」とは四万十川流域で産出されるひのき原木の総称です。「四万十ひのき」は、強度はもちろん上品な桃色の心材の色艶や、脂分が多いのが際立った特質です。

四万十川流域の深山幽谷で伐採された、「四万十ひのき」の根元部分(元玉)は、大樹を一徹に守り抜いてきた、強靭な生命力を宿している部分と言えます。その元玉を薬品は一切使わずに真空炉内で「水」と「熱」と「圧力」だけで形状を固定化してできた「圧密材」を印形に形成後、丁寧な磨き工程を経て、高強度・高比重で、針葉樹独特の綺麗な年輪目を纏った、上品で味わい深い印材となりました。そして一連の工程最後に「幸運祈願入魂」を行った後、強い生命力を宿した「至高の印材」として正にひのき舞台へ登壇です。

お買い上げ戴きました時、印面に買主様のお名前が刻印されて、晴れて「珠玉の印鑑」として完成に至ります。その後々は、押印後の前途が、幸運の道につながる事を念じつつ、持ち主様を証す役目を全うしてまいります。

商品の品質に関して

四万十ひのきの印鑑
 

高知県の「ひのき」の森林規模は、国有林・民有林を合わせると、面積・蓄積量共に全国一を誇ります。中でも四万十川流域を含む高知県西部地区には良質の「ひのき」が豊富に蓄積されており、古くから優良な建築用材産出地として、今も悠久の歴史を刻み続けています。

当社で取り扱っております『四万十ひのき』は、四万十ヒノキブランド化推進協議会にて、登録されている最良品質の『本物』です。
 
 

PAGE TOP